日常生活に大きな悪影響を与える脳梗塞という病気

婦人

脳の血流のための措置

医者

脳内の血流を確保する

全身には血管があり、その中に血液が流れています。血液には栄養分などが含まれているので、各器官に栄養を送り込んでいます。もし血液が送り込まれなければ、その部分がうまく使えなくなります。脳梗塞は、脳内の血管に異常が発生し、血液が流れなくなったり滞ってしまう病気です。血管の破裂などではないので、急激な痛みなどはありません。緊急な措置が必要なこともありますが、軽いものもあります。軽い脳梗塞だと、発症に気づかずに生活をすることもあります。治療をするのは、脳内の血管を確保するためになります。血管につまりがある場合、そのつまりの原因を溶かす薬などが使われます。薬で行えない、緊急の場合は開頭手術が行われ、バイパス手術など難しい手術も行われます。

薬の治療と外科治療

病気を治療するとき、薬で行うのと手術が必要な場合とがあります。薬なら通院で治療ができます。手術だと、入院が必要だったり、リハビリが必要になります。もちろん手術だとリスクもあるでしょう。脳梗塞と診断されたとき、特に重篤な状態でなければ薬などを用いた治療になります。血液が流れにくくなっていることが原因なので、血液が固まりにくい薬などを使います。その他、血管の塊を取るための薬などが使われます。血管がかなり細くなって血流が減っているときは、脳梗塞に対する外科手術が行われます。詰まっているところを迂回させるバイパス手術があり、この手術を受ければ血流を回復することが出来ます。又、血管の太さを確保するステントを入れる手術などもあります。

癌細胞の腹膜転移

お腹を押さえた人

癌性腹膜炎は発見するのが難しく、見つかった時は既に進行している状態がほとんどなので早期に発見するには個人、個人が普段から自分の体調に気を付ける事が大切です。定期的に健康診断を受けたり、おかしいなと思ったらなるべく早く病院に行く事をお勧めします。

詳細

最新のがん治療法

看護師

肺がんの新しい治療法として、免疫チェックポイント阻害剤を利用した免疫療法が話題になっています。この薬は免疫細胞を抑制するスイッチを解除し、免疫を活性化させる働きがあって、皮膚がんの治療薬としては既に承認されています。

詳細

地元で評判のクリニック

病棟

都筑区にある内科は100軒ほどだと言われています。内科だけでなくほかの診療科目も併設しています。家族のかかりつけ医として利用している人もいます。ほとんどが駅から近く通うには便利です。診察時間はクリニックによって異なるようです。クリニックを選ぶには地域の評判をチェックしてみましょう。

詳細

Copyright© 2016 日常生活に大きな悪影響を与える脳梗塞という病気 All Rights Reserved.