日常生活に大きな悪影響を与える脳梗塞という病気

男女

癌細胞の腹膜転移

お腹を押さえた人

有効な治療法

癌性腹膜炎という病名をご存知の方も多いのではないでしょうか。他の臓器に出来た癌細胞が腹膜に転移する事で起こる病気で、胃癌や大腸癌、卵巣癌などの癌細胞が転移するケースがよく見られます。腹膜に転移する事でお腹に水が溜まり、腹痛や腸閉塞、吐き気や嘔吐などお腹に関わるあらゆる症状が現れる為、満足に食事がとれず体力の低下や栄養不足、体重減少なども同時に見られます。癌性腹膜炎になる患者かなり癌が進行している場合が多く明確な治療法がないとされてきましたが、最近話題になっている第四の癌治療法である免疫療法が癌性腹膜炎の治療に効果的であると言われています。患者さんが体内に持っている免疫力を活性化させて治療するので体への負担や副作用のリスクが少なく、他の癌治療法と併用して相乗効果を期待する事も可能です。

日常生活で予防を

胃癌や大腸癌、膵臓癌など既に存在している癌細胞が腹膜に転移する事で起こる癌性腹膜炎は見つけるのが難しく、分かった時には既にかなり進行している状態がほとんどです。お腹の水抜きや痛み止め、点滴などの対処法に加え免疫療法などの治療法もありますが、最も良いのは癌性腹膜炎になる前に出来る限りの予防に努める事ではないでしょうか。不規則な食生活をしているなら改め、なるべく三食バランス良い食事を心がけたり、普段まったく体を動かす機会がないのなら時間のある時にちょっとウォーキングしてみるなど、これだけでも続けていくとかなり体が変わってきますよ。睡眠不足や過度のストレス、喫煙なども癌になる原因になりますので、一気に全部は無理でも少しづつ改善して「体に良い生活を送る」様にするだけで立派な予防になりますよ。

Copyright© 2016 日常生活に大きな悪影響を与える脳梗塞という病気 All Rights Reserved.