日常生活に大きな悪影響を与える脳梗塞という病気

男女

最新のがん治療法

看護師

免疫細胞を強化

肺がんは死亡率が高く最も危険ながんのひとつですが、手術や抗がん剤や放射線以外の治療法として、新しい免疫療法が話題になっています。手術では転移したがん細胞を取り除ききれない恐れがありますし、抗がん剤や放射線は健康な細胞まで傷つけてしまい、副作用が出る可能性が高くなります。免疫療法は自分自身の免疫細胞を強化し、がん細胞を攻撃させる目的で行なわれます。小さながん細胞も見逃さず、自分の体にはダメージを与えないというメリットがあります。最近では免疫チェックポイント阻害剤を投与する免疫療法が注目を集めています。この薬は皮膚がん(メラノーマ)の治療薬として国から承認を受けており、肺がんに対しても効果的と言われています。

抑制スイッチを解除

免疫細胞はがん細胞などの異物を攻撃しますが、活動しすぎると自己免疫疾患の原因となるため、通常は抑制するスイッチが備わっています。肺がんの細胞の中には、このスイッチを入れる機能を持ったものがあり、せっかくの免疫療法が効かない場合もありました。免疫チェックポイント阻害剤は、このスイッチを解除する作用があって、免疫細胞を活性化させることができます。免疫チェックポイント阻害剤を利用した免疫療法は、どんながんにも効くわけではありませんが、肺がんには効果が見込めるというデータが出ています。ただし免疫の抑制が外れるため、自分自身の体を攻撃して副作用を起こす可能性もあります。導入を検討するなら、医師と十分に話し合うことが必要です。

Copyright© 2016 日常生活に大きな悪影響を与える脳梗塞という病気 All Rights Reserved.